美容・健康グッズの販売|Relieve Life(リリーヴライフ) Relieve Life(リリーヴライフ)では、生活の中で安心してお使いいただける、美容や健康に役立つアイテムを多く取り揃えております。海外でも人気が高まってきているCBDオイルの他、はなびらたけを使った安全性の高い商品は、美しさを求める女性に自信をもっておすすめできます。弊社では、ワンランク上のキレイと元気を目指す皆様を応援しています。

薄毛 分け目が気になる でお悩みの方 必見です!

キノコと馬油の力で髪に ツヤ コシ 潤いを!

排水口の抜け毛が気になり始めたら!

 

頭皮に保水保湿を与えて、血行を良くするシャンプーコンディショナーに変えてみませんか?

この方は50代後半の女性です。

分け目が薄くなった女性

 

●髪に腰が無く、細い髪質でした。

●お仕事に、バレーボールとアクティブに行動される方です。

●毎日洗髪するタイプの方です。

●排水口の抜け毛が気になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分け目の薄い女性②

 

LBFunのシャンプーコンディショナーを各1本使っていただきました。約2か月持ちました。購入はこちら

 

●抜け毛が少なくなった気がする。

●髪に腰が出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

分け目の薄い女性③

 

半年ほど使っていただきました。

●髪にコシと艶が出てきたと周りの方からいい感じと褒められたとの事です。

●髪の根本が立つ感じがする。とご自身も喜んでいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

薄毛になる 分け目が目立つ 抜け毛の原因は

 

●女性の場合 加齢、更年期、生活習慣、ホルモンバランスの乱れや、病気や治療の副作用、誤った頭皮ケア、など様々な状況が考えられます。

 

●男性の場合 加齢、男性ホルモン、遺伝、生活習慣、ストレス、病気や治療の副作用、誤った頭皮ケア、など様々な状況が考えられます。

 

薄毛は男女共通の悩み事です。AGA(男性型脱毛症)は成人男性の3人に1人が発症すると言われてます。薄毛が進む前に出来る対策を致しましょう。

 

①加齢による薄毛とは

男女性別関係なく、加齢によるホルモンバランスの乱れ、男性ホルモンの影響を受けて薄毛になることがあります。個人差もありますが、30代半ばから薄毛を気にし始め、40代半ばから壮年性脱毛を発症する方と白髪も目立ち始めヘアケアに力を入れる方もいらしゃるでしょう。

女性の場合は、髪の毛自体が細く短くなり、軟毛化します。女性の薄毛の特徴として、頭頂部を中心に広い範囲で薄くなったり、更年期になるとホルモンの関係から薄毛を発症する方がいらしゃいます。

 

②女性特有の産後脱毛症と閉経による薄毛

産後脱毛症とは、妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増加し、一時的に髪の成長期が長くなりますが、産後は一斉に髪が休止期に入ってしまうことで、産後3か月から半年ほど抜け毛が増え、その後1年ほどで髪の成長周期が戻りますが、高齢出産の場合そのまま加齢による髪の成長周期に影響を及ぼすこともあります。

 

閉経後の女性の場合、女性ホルモンが急激に少なくなり、頭の髪が全体的に薄くなることがあります。

生えてくる髪も、艶やコシのない細く弱い髪なので抜けやすくなり、分け目が目立ったりつむじが透けて見えたり影響が出ます。

 

③フケが引き起こす薄毛タイプは

頭皮のかゆみについて解説はこちら

頭皮にかゆみがあり赤く炎症し、皮脂が過剰分泌し脂っこいベタベタしたフケが発生し、かきむしる事で抜け毛が起こり薄毛になるタイプ。

これは不規則な生活とストレスにより生じると言われています。対策としては、刺激物やアルコールを控え、脂質の少ない食生活に改善することです。正しくシャンプーをして頭皮を清潔に保つことです。

 

また、同様に頭皮にかゆみがあり赤く炎症し、乾燥した細かいフケが原因でかきむしる事で抜け毛が起こり薄毛になるタイプ。

このタイプは、過度のシャンプーでの皮脂の取りすぎが原因です。洗いすぎには注意しましょう。

 

④薄毛原因には、病気や治療が引き起こすこともあるそうです。

●女性に多い甲状腺機能の異常

甲状腺機能亢進症(パセドウ病)は、甲状腺ホルモンを過剰に分泌すると、必要以上に新陳代謝が活発になるため抜け毛が多くなります。

また、甲状腺ホルモンの分泌が低下する甲状腺機能低下症は、髪が生えにくくなります。

 

●重度の貧血も含め、鉄不足は薄毛の原因に。また、亜鉛の欠乏も薄毛の原因になります。

 

●病気治療で抗がん剤や抗甲状腺薬、血圧降下剤を服用中は薄毛の原因になることもあります。

 また、ピルなどの経口避妊薬で薄毛になることもあります。

 

●円形脱毛症は近年では起こりやすい遺伝的な要因があることや、遺伝だけでは説明できない環境要因の因子も絡み合って起こる毛包組織への自己免疫反応と考えられています。

 痛みやかゆみなど自覚症状がないため、美容室で指摘されることもあります。脱毛部も頭頂部から前頭部など様々です。眉部分やデリケートゾーンにも発症することもあります。

 

これをしたら円形脱毛症に絶対ならないという対策はありません。

精神的、身体的なストレスなどで、免疫のバランスが乱れ引き起こすきっかけになります。

 

※病気や治療による薄毛は医師に相談の上、適切な対策を取りましょう。

※ストレスを持ち越さず、規則正しい食事内容や睡眠を心がけましょう。

 

⑤過度なダイエットが薄毛の原因になることもあります。

過度なダイエットや食生活の乱れがあると、髪が作られる毛母細胞まで栄養が送られません。

人は生命維持のため内臓に優先して栄養が送られるため、栄養不足になると髪まで栄養が送られません。髪を作りだす毛母細胞の活動が弱くなり、薄毛の原因になることもあります。

 

まとめ

薄毛の原因は加齢によるものだけなく、生活習慣や生活環境の変化、病気によるものが影響することがあります。髪について理解を深めて毎日の食生活とストレスの解放の仕方について対策を行っていきましょう。健康に楽しい毎日を送れるといいですね。

コメントは受け付けていません。

特集

0