美容・健康グッズの販売|Relieve Life(リリーヴライフ) Relieve Life(リリーヴライフ)では、生活の中で安心してお使いいただける、美容や健康に役立つアイテムを多く取り揃えております。海外でも人気が高まってきているCBDオイルの他、はなびらたけを使った安全性の高い商品は、美しさを求める女性に自信をもっておすすめできます。弊社では、ワンランク上のキレイと元気を目指す皆様を応援しています。

米と大麻を作ってきた民族 日本人と大麻草!

大麻という農作物

 

 多くの日本人に忘れられている事があります、稲作より早く(1万2000年前)から栽培され、日本人の衣食住を支えてきた。大麻という農作物。

CBD商品を扱う事で本当に大麻とは何か?と考えたとき、一冊の本を手にしました。

『日本人のための大麻の教科書』という本です。大麻博物館より

 

 私は、本が好きではありませんが、この本は読みやすかったこと 今の日本人に考えて欲しいことがかなりありました。一度読んで欲しいです。

 

『広辞苑 第七版』による大麻の項目では

 

①伊勢神宮および諸社から授与するお札。

②幣(ぬさ)の尊敬語。おおぬさ。

③麻の別称。

④アサから製した麻薬。栽培種の花序からとったものをガンジャ、野生の花序や葉からとったものをマリファナ、雌株の花序や上部の葉から分泌される樹脂を粉にしたものをハシシュといい、総称して大麻という。喫煙すると多幸感・解放感があり幻覚・妄想・興奮を来す。

 

 

1つ目の定義として「伊勢神宮および諸社から授与するお札」と書かれています。

 お正月に神社をお参りする日本人かなりいます。お願い事のある方はほとんどいくのでは、『八百万の神』を信じてその際、日本全国の神社を通して配られる伊勢神宮のお札のこと、『神宮大麻』といいます。神棚をお持ちの方お札を目にしていると思います。毎年なんと800万体を超える神札が配られるそうです。

 

2つ目は、幣とは神に祈るときに捧げ、またお祓いに使う、紙・麻などを切って垂らしたもののことです。

 神社は日本全国に8万社以上あり、これは大手コンビニ上位7社の店舗数5万2000店や郵便局2万4000局(共に2016年)を大きく上回る数で、その広がりが分かります。

 日本人は日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに不幸の原因となるものを身に着けてしまうと考えてきました。神道では禊(みそぎ)・お祓いといった儀式を行うことで清浄無垢な心に還るとしています。

 

 神道には大きく分けて2つの清めがあります。

①身体を水で洗いすすぐ清めです。特に強い清めが必要な場合は、海の塩水で禊を行うのですが、清めの塩はこれに由来しているそうです。

②本質的な清めを行うものが、大麻の繊維、精麻です。

 神職の方が棒状の祓串を左、右、左と振る動作をご覧になったことありますよね、あの棒には稲妻型をした紙垂と強い清めの力を発したいるとされている精麻が結んであり、お祓いすることで清められるそうです。

この2つの清めをして清浄化された姿でなければ神様の前には立てないとされています。

 

3つ目は、麻の別称。

 麻と聞いて「違法な薬物」を連想するより主に衣服の素材を連想するのではないでしょうか。植物の繊維。

  日本の大麻農業における主な収穫物は繊維(皮)です。茎から剥いた皮の繊維からさらに表皮を取除き、研き澄まして繊維を「精麻」と呼びます。この精麻から衣料を作っており、神道の儀式、大相撲の横綱、太鼓や鼓の紐、下駄の芯縄、タコ糸など、幅広く用いられています。

 繊維の他の重要な収穫物は、種子は「麻の実」と呼ばれ食料や漢方薬として使わて、繊維を剥いだ後の茎は「麻殻(おがら)」と呼ばれ、炭や松明、お盆の行事などで用いられます。

 精麻は換金を目的とする「商品作物」と、自分たちで使う「自給用」と大別されていました。自給用で糸を紡績して、織物から着物や帯を各家々で作っていたそうです。かなり大麻草は身近なものでした。

 

4つ目は、大麻=麻薬 薬物のイメージが強すぎます。

 大麻草には100種類以上のカンナビノイドという成分が含まれており、中でも有名なのがTHCCBDがあります。

 日本の法律で禁止されているのは、大麻草の花と葉、根の部分に多く含まれているTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分です。THCとは向精神作用(ハイ状態になる作用)を有する成分で、幻覚症状等引き起こすと言われてます。

 <大麻取締法 第一条>この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

 もう一方のCBD(カンナビジオール)は、大麻草の茎と種の部分から抽出される精神作用を伴わない成分で、WHO(世界保健機関)もそ安全性や有効性を認めている成分です。

 

大麻について、少しずつ歴史を振り返ると危ないものではなく身近なものだったことが分かります。

 

大麻収穫作業 農家男性2人

 写真は栃木県などでは、現在も農作物としての大麻を栽培しています。 数少ない栃木の大麻農家さんです。大麻を栽培して大麻草から精麻を作り、神道の儀式、大相撲の横綱、太鼓や鼓の紐、おがらなど幅広い用途で大麻草を育てています。ではなぜ大麻農家が減ってしまったのか、なぜ危ない物になったのか。

是非、『日本人のための大麻の教科書』という本読んでいただきたいです。日本人の間違った歴史理解が日本の文化を消滅させることになることが書いてあります。私も少しずつコラムでお話ししていきたいです。

 

私は少しでも大麻草につて理解いただければ、コロナ禍で不眠や不安な気持ちを少しでも楽になればという思いでCBD商品を紹介しています。CBDオイルは食品です。危ない物ではありません。興味のある方はホームページをご覧ください。

ホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容・健康グッズの販売|Relieve Life(リリーヴライフ)

美容・健康グッズの販売|Relieve Life(リリーヴライフ)

Relieve Life(リリーヴライフ)では、生活の中で安心してお使いいただける、
美容や健康に役立つアイテムを多く取り揃えております。
海外でも人気が高まってきているCBDオイルの他、はなびらたけを使った安全性の高い商品は、
美しさを求める女性に自信をもっておすすめできます。
弊社では、ワンランク上のキレイと元気を目指す皆様を応援しています。

屋号 株式会社奉山
住所 〒140-0011
東京都品川区東大井6-14-13
営業時間 10:00 ~ 18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 山野 由紀子 (ヤマノ ユキコ)
E-mail info@relieve-life.com

コメントは受け付けていません。

特集

0