美容・健康グッズの販売|Relieve Life(リリーヴライフ) Relieve Life(リリーヴライフ)では、生活の中で安心してお使いいただける、美容や健康に役立つアイテムを多く取り揃えております。海外でも人気が高まってきているCBDオイルの他、はなびらたけを使った安全性の高い商品は、美しさを求める女性に自信をもっておすすめできます。弊社では、ワンランク上のキレイと元気を目指す皆様を応援しています。

不眠症になる原因とは?当てはまるものがないか確認してみよう

さまざまな原因が確認できる不眠

 

眠れない日が続いて、「なぜ眠れないんだろう」と思ったことはありませんか?中々眠れない日ができたり、不眠症になったりする原因にはどんなものが考えられるのでしょうか。この記事では不眠症になる主な原因を紹介します。当てはまるものがないか確認してみてください。

この記事を読むための時間:3分

不眠症とは?

そもそも不眠症とは夜に「なかなか眠れない」「ぐっすり眠れない」「早朝に目が覚めてしまう」などの睡眠障害が1ヶ月以上(諸説あり)続き、昼間に不調が現れる病気のこと。昼間の不調としては、倦怠感や集中力低下などが挙げられます。十分な時間眠れなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまっても昼間に不調が現れなければ「不眠症」とは診断されません。(参照:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html

不眠症の原因:環境要因

不眠症になる原因のひとつとして睡眠時の環境が考えられます。主な環境要因をチェックしましょう。

寝具が合わない

枕が高すぎる、マットレスが硬すぎる、布団が重いなど、身体に合わない寝具を使っていませんか?身体に合わない寝具は姿勢が苦しくてなかなか眠れなかったり、何度も寝返りをするために夜中に起きてしまったりと睡眠を邪魔する可能性があります。

寝室の騒音・光・温度など

騒音や光が気になって眠れない場合や寝室の湿度・温度が不快で眠れないこともあります。心当たりがある方は、遮光カーテンや防音パネル、エアコン、除湿機などを使って原因が取り除けないか試してみてください。

不眠症の原因:身体的要因

周りの環境ではなく身体自身の問題も考えられます。身体的要因の場合は原因となっている身体の不調を取り除くことが大切です。主な身体的要因をチェックしてみましょう。

移動による時差ボケ

飛行機の移動などによって時差ボケ(時差症候群)が起こると不眠をはじめとした症状がでることがあり、不眠症になるケースもあります。移動による時差ボケは、4〜5時間以上の時差がある場所に速いスピードで移動すると起こることが多く、出発地の時刻で体内時計が同調していて、到着時の時刻に合わせられないために生じるものです。

病気

何らかの病気の症状のひとつとして不眠になっているケースも。不眠の症状が出る主な病気には、糖尿病、肝硬変、腎臓病などがあるほか、甲状腺・副腎ホルモンの異常に関わる病気でも不眠の原因につながる場合があります。また、ムズムズ脚症候群(レストレスレッグス症候群)、睡眠時無呼吸症候群、夢遊病など、睡眠に伴って異常が現れることで睡眠を妨げられるケースも多いです。

痛み・かゆみなど

怪我などによる痛みやアレルギー疾患によるかゆみといった、身体の不調が睡眠を妨げている場合も珍しくありません。痛み・かゆみのほか、息苦しさ、咳、頻尿なども睡眠の邪魔をします。

不眠症の原因:生活習慣要因

日々の生活習慣が不眠症に繋がっていることもあります。ここからは主な生活習慣要因をチェックしましょう。

生活リズムの乱れ

昼夜逆転や夜更かしによって生活リズムが乱れると、体内時計にも乱れが生じます。その結果、「睡眠ホルモン」とも呼ばれる眠気を誘うホルモンである​​メラトニンが夜間に分泌されなくなったり、分泌量が減ったりしてしまい不眠につながることがあります。

運動不足

複数の調査によって、​​運動習慣がある人には不眠が少ないことが報告されています。(参照:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html)特に、習慣的に運動をしている人は睡眠が維持しやすいと言われているのです。運動不足の人は、疲れていないため夜になっても体が睡眠モードにならず、寝付きが悪くなります。その結果睡眠不足になって昼間に眠くなり、昼寝をしたことによってまた夜眠れないという悪循環に陥りやすいです。

服用している薬や刺激物

服用している薬の作用で不眠になるケースも珍しくありません。例えば降圧剤やステロイド、抗がん剤などが睡眠を妨げるほか、抗ヒスタミン剤など昼間に眠気をもたらすことで生活習慣を崩しやすい薬もあります。また、コーヒーに含まれるカフェインやお酒に含まれるアルコール、タバコに含まれるニコチンなどの刺激物には覚醒作用があり、睡眠を妨げることがわかっています。

不眠症の原因:精神的要因

不眠症の原因には精神的要因も考えられます。主な精神的要因をチェックしましょう。

不安・ストレス

不安やストレスを感じると自律神経のうち、興奮している時や活動時に優位にはたらく「交感神経」が刺激されます。その結果体が興奮状態・覚醒状態になり眠れなくなってしまうのです。不安やストレスが慢性的にかかると不眠も慢性的になり不眠症につながるケースもあります。

うつ病

身体的要因の「病気」と重なる部分ですが、うつ病も不眠症の原因のひとつです。うつ病を患っている方は、寝付きが悪い・睡眠が浅い・早朝に目が覚めてしまいやすいなどといった睡眠障害を抱えていることが多いと言われています。不眠症だと思っていたらうつ病だったというケースも少なくありません。

不眠症になる原因を確認して、できるものは対策を!

不眠症になる原因を、「環境要因」「身体的要因」「生活習慣要因」「精神的要因」の4つに分けて紹介しました。当てはまるものはありましたか?環境や生活習慣など解決できそうなものがあれば、対策を考えてみてくださいね。

美容・健康グッズの販売|Relieve Life(リリーヴライフ)

美容・健康グッズの販売|Relieve Life(リリーヴライフ)

Relieve Life(リリーヴライフ)では、生活の中で安心してお使いいただける、
美容や健康に役立つアイテムを多く取り揃えております。
海外でも人気が高まってきているCBDオイルの他、はなびらたけを使った安全性の高い商品は、
美しさを求める女性に自信をもっておすすめできます。
弊社では、ワンランク上のキレイと元気を目指す皆様を応援しています。

屋号 株式会社奉山
住所 〒140-0011
東京都品川区東大井6-14-13
営業時間 10:00 ~ 18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 山野 由紀子 (ヤマノ ユキコ)
E-mail info@relieve-life.com

コメントは受け付けていません。

特集

0